mameCoinがERC20を採用した理由

当初、私達は国産他通貨で採用されている「ERC223」での実装を検討していました。

しかし、実際に「ERC223」と「ERC20」を比較検証した結果、「ERC20」が機能的に劣ることはないこと、

「ERC20」のほうが誕生からの歴史も長く、今もなお多くのICOで使用されている「枯れた=安定した」規格であることから

投資家のみなさんの資産を預かる上で安心してトークンのやりとりを行うことができると判断し「ERC20」を採用することにいたしました。

以下に比較検証の結果とmameCoinにおける「ERC20」の独自拡張について説明いたします。

比較検証[1]、「ERC223」のほうがガス代が安いというのは本当なのか?

「ERC223」のほうがガス代が安いと言われている件について実際に送金結果を比較したところ、「ERC223」と「ERC20」にガス代の差異はありませんでした。

「ERC20」では送金方法が2種類あり送金方法が高い方式と比べているのだと思いますが、通常の送金は送金方法が安い方を使うため、どちらかがガス代が高いという事実はございません。

比較検証[2]、「ERC223」ではGOX(コインの喪失)を防げるのか?

「ERC223」の特徴としてコントラクトアドレスに間違って送金してしまった場合、送金者に自動で返金される機能があげられます。

しかし、通常のアドレスに比べてコントラクトアドレスの数は無視できるほど少ないため、コインの喪失を防げるケースはごくわずかです。

mameCoinではリファンド(返金)機能を持つことにより「ERC223」と同等以上の機能を有します。

独自拡張[1]、SafeMathライブラリの使用

一部のトークンで数字の桁あふれを悪用した不正送金事件が起きました。

mameCoinでは数字の桁あふれによる脆弱性の生じないSafeMathライブラリを使用しています。

独自拡張[2]、バーン(トークンの焼却)

不要になったトークンを焼却して総発行枚数を減らす機能です。

独自拡張[3]、ロックアップ

一定期間トークンの送金をできなくする機能です。

独自拡張[4]、リファンド(返金)

コントラクトアドレスへの誤送金、アカウントのハッキングによるトークンの盗難などを救済するための機能です。

上記のようにmameCoinは「ERC20」をベースとしながら「ERC223」の利点も包括し、それ以上の機能性を有するトークンを採用しています。